HOME一覧前号


建築ジャーナル
2016
11月号
No.1259
定価:900円+税

特集

五輪を嗤う

 


招致時の東京五輪招致委員会による大会予算は、当初7300 億円。それがこの8月には、2兆円から3兆円になるとの関係者談話が伝えられている。また、「経済波及効果」の予測も2012年に3兆円弱だったのが、2015年末には30兆円と10倍に。一方神宮外苑一帯の都市開発は新国立競技場を露払いにJSCやJOCの高層70mビルが。都市経済の視点から、五輪を嗤い、五輪を嘆く。

「五輪を嗤う」より

■オリンピック10施設総点検+競技会場マップ|森山高至
10
■私ならこうする「簡素な五輪のアイデア」読者アンケート
14
■まるで「時間差からくり詐欺」神宮外苑地区の再開発計画|大橋智子
15
■五輪エンブレム選定 何を繰り返してはならないのか|平野敬子
18
■祝賀資本主義と惨事便乗型資本主義 五輪で都市は儲からない|鈴木直文
20
■業界をよむ[29]「豊洲新市場移転」のトピック7
     築地市場関係者は嘆く。「なぜ、意見通らない?」|木村岳

24



クリックすると大きな画像が表示されます
東日本版
中部版
西日本版
九州版



【連載】
シリーズ 年間テーマ 居住の夢[11]
           都住創 都心居住×自分スタイルでコミュニティ形成を創出した住居群|常山哲男 32



熊本地震 小さな町 川尻の震災報告 その5
           古川保の伝統構法万歳k震災編l古川 保 43



建築のこれからを話そう[18]満田衛資さん
           構造設計者って、どんな人? 2



兼松紘一郎が巡る建築家模様[47]祈りと共に−片桐郁夫|兼松紘一郎 7


五十嵐太郎の先読み編集局[94]ヴェネツィア・ビエンナーレ国際建築展|五十嵐太郎 27


これだけは見ておきたい日本の住宅12選 日本の住空間―原点と現代をつなぐもの編[11]
ヒエラルキーをつくる 西江邸|冨永祥子 28



美しき設備デザインの世界[11]
           自然光と風を取り入れる屋根のかたち|野々瀬恵司(日建設計) 31



10 Minutes Story 映像で遺す建築アーカイブ 東海編[16]
           波及する「個の叫び」 吉柳満、魂の軸線|伊藤孝紀 36



進撃の建築家 開拓者たち[3]開拓者01 渡辺菊眞〈後編〉
           宙地(そらち)の間(ま)|布野修司 44


仕事場[23]銀座的ソーホー
           ArchitectS Office/石川雅英 48


まちの胃袋[59]屋台のニラ包子 中国浜州市|山崎 亮 50

【情報ポスト】
<読者の視点>5年後の被災地を訪ねて[三舩康道│ジェネスプランニング] 38
<東京>事前協議制度の条例創設を[中山代志子│弁護士・早稲田大学大学院助教] 40
<千葉>名古屋市瑞穂区のマンション反対運動[山崎太資] 40
<福岡>五ケ山ダム湖畔観光拠点施設コンペ[鮎川 透│環・設計工房] 42




【作品】   ※以下は、それぞれ地域版ごとの掲載になります



東日本版
<建築集>
アーキセッション(新潟県長岡市) 橋設計(岩手県北上市)
赤土善蔵アトリエ(福井県福井市)
<建築最新事情>
マン・テック(宮城県仙台市)




中部版
<建築集>
赤土善蔵アトリエ(福井県福井市) エイ・ケイ設計(岐阜県多治見市)




西日本版
<建築集>
赤土善蔵アトリエ(福井県福井市) 丹羽建築設計事務所(岡山市北区)
あい設計(広島市東区)





九州版
<建築集>
大久保計画アトリエ(福岡県北九州市) 赤土善蔵アトリエ(福井県福井市)






HOME一覧前号