書籍一覧

建築家会館の本 2
建築家の原点 大谷幸夫 建築は誰のために
大谷幸夫+大谷幸夫研究会



注文数

「国立京都国際会館」を筆頭に、人間と建築のかかわりを追求し続ける大谷幸夫。 魂を揺さぶる建築のありようを語りつくしたインタビューと、珠玉の論考を収録。

目次
・大谷幸夫インタビュー「誰のために建築をつくるのか」
・大谷幸夫論考
 「旧帝国ホテルと私」「私の中の建築」
 「建築家の提案行為 ――社会との分離・断絶と連帯のために」
 「誰を何から守るのか ――災害が問いかけていること」
 「8月の空に寄せて」
・解題 五十嵐敬喜 大谷幸夫とは何か
・近代都市計画史年表/作品・著作リスト

 写真=市川かおり「金沢工業大学」「国立京都国際会館」
 著:大谷幸夫+大谷幸夫研究会
 企画:建築家会館
 発行:建築ジャーナル
 定価:本体1,800円+税
 発行日:2009年5月20日
 ISBN:978-4-86035-064-2
 体裁/頁:A5版上製モノクロ(一部カラー)/120頁



建築ジャーナル メインページ