HOME一覧前号


建築ジャーナル
2015
4月号
No.1237
定価:900円+税

特集

3.11から4年 2 原発事故と建築家

 


3.11から4年。「巨大防潮堤」「かさ上げ」「除染」「早期帰還」だけでは済まされない問題が横たわり、さまざまな矛盾が露呈している今、真の意味での被災地復興は、これからが本番だ。4年経った現在でも、47都道府県、1,154の市区町村に分散して生活している震災被災者のうち、原発事故避難者は約12万人。今回は、このような実情を踏まえ、専門家に何ができるかを問いかける。

「3.11から4年 2 原発事故と建築家」より

■原発事故現場20km圏内を見て
     五十嵐太郎、浅子佳英、青井哲人、中川 純、芳賀沼 整、浦部智義

012
■双葉郡フィールドワーク報告記
015
■座談会 福島・原発避難・復興・モラルを考える
016
■原発事故と弁護士|河合弘之
022
■インタビュー
     福島の現状から、全国の建築家に訴える−辺見美津男さん

025



クリックすると大きな画像が表示されます
東日本版
中部版
西日本版
九州版



【連載】
シリーズ 年間テーマ 戦後建築の70年[4]
           ニュータウンの夢と現実 団地と住宅公団の歴史から|村上 心 034




建築家をめざす若い人に伝えたいこと 10 林 泰義さん
   好奇心と批判精神を持ち、改革せよ 002


業界をよむ【第10回】「看護師」のトピック8
           病院設計のプロセスに、看護師こそ参加すべき『看護管理』編集部 006


兼松紘一郎が巡る建築家模様 [28] 沖縄の風土に一魂を込めて―根路銘安史|兼松紘一郎 009
古川保の伝統構法万歳! [76] 省エネ法義務化は真の省エネになるのか8|古川 保 026
住宅医がゆく! 改修補強の現場から [4] 温熱改修の優先順位は高くしよう|辻 充孝 028
「原発と建築家」その後持続する意志 [4]
           建物に燃費という概念を!家を建てる価値の選択肢の一つと認識すべき|竹内昌義 039


都市計画は誰のためにあるか [38]  歩行者空間整備運動のうねり8 ヨーロッパ|中野恒明 040
五十嵐太郎の先読み編集局 [75] 毛利悠子のモレモレ東京|五十嵐太郎 043
前川國男の求めたもの[37] 大東亜建設記念営造コンペをめぐって|松隈 洋 044

仕事場[4] 徳田英和/徳田英和設計事務所 048
           6人の建築家が切磋琢磨するシェアオフィス


まちの胃袋 [40] キトウシ森林公園の行者ニンニク醤油漬 北海道東川町|山崎 亮 050

【地域の話題】
<北海道> 実践! パッシブ換気2 030
<福島> 教訓としての「風土」を考える 031
<埼玉> 「うらわ建設塾」3「埼玉の建築スケッチ」など 032
<福岡> 第16回JIA九州建築塾 033



【作品】   ※以下は、それぞれ地域版ごとの掲載になります



東日本版
<建築最新事情>
富永讓+フォルムシステム設計研究所(東京都文京区)横須賀市救急医療センター・横須賀市医師会館/八幡厚生病院新本館棟
<建築集>
渡辺治建築都市設計事務所(神奈川県川崎市) 藤原設計+アルファム(東京都世田谷区)





中部版
<建築集>
諸江一紀建築設計事務所(名古屋市昭和区)





西日本版
<建築集> 小西建築設計事務所(兵庫県小野市)




九州版
<建築集>
アーキテクト憧(福岡市中央区)





HOME一覧前号